Forbes JAPAN「非上場クラウド企業トップ20」の17位にNotaが選出

革新的な疑問解決エンジン「Helpfeel(ヘルプフィール)」( https://helpfeel.com/ )を提供しているNota株式会社(以下、Nota)は、Forbes JAPANが年に1度発表する、日本における非上場クラウド企業トップ20「Japan’s CLOUD 20」において、17位に選出されましたことをお知らせいたします。

「Japan’s CLOUD 20」は、米「Forbes」が毎年発表している世界の優れた非上場クラウド企業を集めた「The Cloud 100」の日本版で、優れたSaaSスタートアップを表彰するランキング企画です。同誌は、 2022年はこの「クラウド・スタートアップ・エコシステム」がどのように変化していくのか注目したい』と発言しています。

・掲載媒体:Forbes JAPAN 2022年4月号
・掲載タイトル: JAPAN’ s CLOUD 20
「成熟」か、「加熱」か 日本版「非上場クラウド企業トップ20」

Notaは、「⼈を置き換えるのではなく、⼈の弱い部分を助けるツールを作る」をビジョンに掲げ、世界240の国と地域で活用されている世界最大のスクリーンショットの共有サービス『Gyazo』、23万人が利用するドキュメント作成・共有サービス『Scrapbox』、そして革新的な技術「意図予測検索」によってFAQ検索ヒット率98%を実現するFAQシステム『Helpfeel』の3つのクラウドサービスの開発・運用を行っています。

Notaは今後も、3プロダクトを通じて、検索、発見、さらに発掘、精製といったデジタル活用のプロセスを支援してまいります。
これからもユーザーエクスペリエンスの向上に向けて、顧客が必要とする本質的な価値を提供できるよう邁進してまいります。

Forbes JAPAN について
フォーブス ジャパンは『Forbes』の日本版として2014年6月に新創刊。グローバルな視点を持つ読者たちに向け、『Forbes』US版、各国版の記事をキュレーションし、日本オリジナル記事と共に構成。毎号ライフスタイル記事を同載し、読者へオンとオフの情報を発信しています。そのWeb版forbesjapan.comではForbes.comが日々配信する多彩な記事をキュレーション。本誌記事、専門性のあるオフィシャルコラムニストによるオリジナル記事と合わせ、読み応えのあるコンテンツを毎日配信しています。
サイト:https://forbesjapan.com/

Latest News

We are hiring

Notaではサービスの急成長に伴い新しい仲間を必要としています
詳しく⾒る